関節痛の原因とは一体何?

関節痛でお悩みの方多いのではないでしょうか?関節痛の原因とは一体なんでしょう? - スポーツブームの裏には関節痛が潜んでいます!

スポーツブームの裏には関節痛が潜んでいます!

最近、スポーツを始める中高年の方が増えてきています。ジョギングブームや登山ブームなど、様々な分野のスポーツが中高年の方に向けてイメージ広告を出していますね。このページでは、そういったスポーツが原因となって起こるスポーツによる関節障害について、お話ししたいと思います。

スポーツによる関節障害は最近非常に増えています!

スポーツによる関節障害は昨今のスポーツブームを受けて、非常に多くなっています。なぜスポーツで関節障害が起こるのかというと、それもやはり加齢と少なからず関係しています。人間は歳をとるごとに少なからず関節の軟骨がすり減っていきます。
そのように脆くなっている関節や軟骨に、スポーツによる大きな負担がかかることで一気に関節痛が起こるのがスポーツによる関節障害なのです。スポーツによる関節障害は、何も過度の強度の運動をしたから起こるものではありません。1つ1つは負担の小さな運動であっても、それを続けることで関節痛になってしまいます。

スポーツによる関節障害が起こりやすいのはどの部位でしょうか。

スポーツによる関節障害が最も起こりやすいのは膝です。膝は普通に暮らしているだけで大きな負担がかかる関節です。膝には、歩行時で体重の2から3倍の負荷がかかり、走行時には体重の7から8倍の負荷がかかると言われています。
またジャンプしたり、着地したりすることで更なる負担がかかるんです。そんな膝はやはりスポーツによる関節障害が最も起こりやすい部位です。その次に起こりやすいのは、肩です。肩は日常生活では広く動かすことが少ないため、筋肉が固くなっていることも多く、スポーツ時に大きな負担がかかるというわけです。

関連する記事

Copyright(C)2016 関節痛の原因とは一体何? All Rights Reserved.