関節痛の原因とは一体何?

関節痛でお悩みの方多いのではないでしょうか?関節痛の原因とは一体なんでしょう? - 関節痛の原因として最も多い変形性関節症について!

関節痛の原因として最も多い変形性関節症について!

このページでは、関節痛の原因としてよく取り上げられる変形性関節症について、ご紹介したいと思います。変形性関節症は関節痛の原因として最も多いと言われています。今は関節痛でない人も、加齢とともに変形性関節症になることが多いので、ここでしっかりと知識を得ておきましょう。

変形性関節症とはどんなものなのでしょうか?

まず、変形性関節症はどうして起こるのかについて見ていきましょう。変形性関節症は、加齢と深いかかわりがあります。といいますのも、人間の関節は、軟骨がクッションの役割を果たすことで、通常は痛みなくスムーズに動いています。
しかしながら、その軟骨は加齢と共にすり減っていきます。そして、そのことが原因となり、関節周辺に炎症が起こってしまうというわけなんです。これが変形性関節症です。

変形性関節症が最も起こりやすいのはどの部位なのでしょうか。

それは、膝です。膝は全身の関節の中で最も酷使されている関節といって過言ではないんです。人間の膝は立っているときには体重のほとんどを支えています。
また、座ったり、立ち上がったりするときには体重の数倍の力が加わるといいます。そのため、膝の軟骨は全身の関節の中で最も摩耗が激しいのです。

変形性関節症は徐々に悪化していきます。

最初期の変形性関節症の痛みはそれほど強くありません。少しの対策で治まってしまう場合がほとんどです。しかしながら、一度すり減った軟骨は元に戻らないため、すぐに痛みが再発します。
そして、徐々に痛みは強くなっていくというわけです。

変形性関節症には早めの対策をとる意識が必要です。

このように変形性関節症はどんどん悪化していくものですので、関節に少しでも違和感がある場合は早めの対策を講じていくことが大切です。

関連する記事

Copyright(C)2016 関節痛の原因とは一体何? All Rights Reserved.